最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『セールスマン』アスガー・ファルハディ監督インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 6月13日(火)

『セールスマン』アスガー・ファルハディ監督インタビュー
現代社会にある選択肢は、「適応」か「死」だけ

『セールスマン』
2017年6月10日より全国順次公開中
(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

引っ越して間もないある夜、妻が予期せぬ侵入者に襲われた事件をきっかけに揺らいでいく日常。理性をかき乱されていく夫婦を主軸に、様々な思惑が絡み合う、息をもつかせぬ心理サスペンス『セールスマン』。アカデミー賞外国語映画賞を受賞したほか、カンヌ国際映画祭脚本賞、男優賞もW受賞した秀作、先週末より全国順次公開となった。

監督はイランの名匠、アスガー・ファルハディ。2月に行われたオスカー授賞式では、トランプ大統領が発令したイスラム圏7ヵ国出身者の入国を禁ずる大統領令に抗議し、ファルハディ監督と主演女優タラネ・アリドゥスティが授賞式をボイコットしたことも話題となった。

不寛容が急速に広がる世界への問いを投げかける本作について、ファルハディ監督に語ってもらった。


──新しい時代の到来に置き去りにされる年老いたセールスマンとその家族を描いた、アーサー・ミラーの名戯曲「セールスマンの死」をモチーフにした作品ですね。

『セールスマン』撮影中のアスガー・ファルハディ監督

監督:私は学生の時に、「セールスマンの死」を読み、とても胸を打たれました。たぶんそれは、人間関係を描いているからだと思います。とても成熟した脚本で、いろんな解釈ができます。とても重要なポイントは、都会であるアメリカの突然の変化によって、ある社会階級が崩壊していく時代の社会批判です。急速な近代化に適応できない人々が崩壊するのです。その意味で、この戯曲は、私の国イランの現在の状況をうまく捉えています。物事が息つく暇もないほどのペースで変化しています。そこにある選択肢は「適応」するか、または「死」です。この戯曲の根幹である社会批判は、今のイランにあてはまるのです。
 またこの戯曲のもう一つのポイントは、家族、特にセールスマンと妻リンダのような夫婦内の社会的関係の複雑さです。この戯曲には、とても強い切実な訴えがあります。それは感動を与えるだけでなく、観客に微妙な問題を考えさせるのです。私は映画のメインキャストたちが劇団員で、舞台で演じるという設定を決めたときから、ミラーの作品がとても気になり始めました。彼の作品は、映画で作りあげた夫婦の生活と類似性を膨らませることができるからです。舞台では、夫のエマッドと妻のラナは、セールスマンとその妻をそれぞれ演じています。そして彼らの実際の生活でも、気づかぬうちに、セールスマンとその家族に直面していき、セールスマンの運命を選択しなければならない状態となります。

『セールスマン』撮影現場でのアスガー・ファルハディ監督

──本作は、復讐劇でしょうか? あるいは失われた道徳心の話でしょうか?

監督:説明したり、要約したり、自分にとって何を意味するのか言葉にするのが、本当に難しい作品です。すべては、観客それぞれの個人的な関心事や物の見方によるのです。もしこの映画を社会的な主張としてみるのであれば、その人はその要素を記憶にとどめるでしょう。また、この映画をモラルの話、あるいはまったく違った角度からを観る人もいるかもしれません。私に言えることは、この映画は人間関係、特に家族関係の複雑さを描いた作品であるということです。

──主人公となるエマッドとラナは、最初、ごく普通の夫婦です。この2人のキャラクターは、イランの中流階級の典型的なものですか?

監督:エマッドとラナは、イランの中流階級です。しかし、2人の関係性、あるいは各個人としては、この2人が中流階級の夫婦の典型とはいえません。2人のキャラクターは、観客にこのカップルは他の夫婦とは違うと思われないようなシンプルな設定にしました。それぞれ個性を持った普通の夫婦。2人は、ともに文化人であり、舞台にも出演している。しかし、2人は、それぞれの性格の予期せぬ側面を露呈する事態に直面することになるのです。

(2017/06/13)
 
アスガー・ファルハディ
Asghar Farhadi

1972年、イラン・イスファハン生まれ。13歳の時に初めて短編映画を撮り、大学進学までに5本の短編を制作。イランのヤングシネマ・インスティテュートで学んだのち、テヘラン大学でも映画を専攻した。大学在学中に数多くの学生演劇の台本執筆、演出を手がける。同大学を卒業後、タルビアト・モダレス大学の舞台監督コース修士課程に進み、連続TVドラマの演出や脚本も手がけた。03年に初の長編映画『砂塵にさまよう』(未)で監督デビュー。『彼女が消えた浜辺』(09年)でベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。フランスで大ヒットした『別離』(11年)でアカデミー賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭で金熊賞と銀熊賞(男優賞、女優賞)などを受賞。『ある過去の行方』(13年)では主演のベレニス・ベジョがカンヌ国際映画祭女優賞を受賞。2011年にはタイム誌の“最も影響力のある100人”のひとりに選定されている。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。