最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』エマニュエル・ベルコ インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 3月28日(火)

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』エマニュエル・ベルコ インタビュー
主人公にはもっとかわいい女優がいいと監督に話したことも

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』
2017年3月25日より全国順次公開中
(C)2015 / LES PRODUCTIONS DU TRESOR – STUDIOCANAL

激しい愛の痛みを鮮烈に描いた『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。リュック・ベッソン監督の妻でもあった元女優、マイウェンが監督し、セザール賞8部門にノミネートされた愛の傑作だ。

ヴァンサン・カッセル演じる身勝手な男に翻弄される女を演じたエマニュエル・ベルコがカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したのも話題のひとつ。『太陽のめざめ』などの監督としても知られる彼女に、映画について語ってもらった。


──マイウェン監督は当初からあなたに主人公を演じて欲しいと思っていたそうですね。

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』
(C)2015 / LES PRODUCTIONS DU TRESOR – STUDIOCANAL

ベルコ:最初はそんなことひと言も言ってこなかったわ。それがある日、脚本の一部を持って現れたの。理学療法センターでのシーンが書かれた脚本よ。そしてその映画の女性の主役を演じてほしいと言われた。死ぬほど驚いたわ。

──その時の感想は?

ベルコ:まずは興奮したわ。マイウェンと映画が作れるかもしれないっていうのは、俳優にとってはいつだってウキウキすることだから。同時に、現実だとは思えなかった。でも、彼女が作ろうとしているもののスケールを心から理解できたのは、最終版の脚本をもらったあとだったわ。

──理解した後、どんな風に感じたんですか?

ベルコ:しばらくは、トニーを演じるのは自分であるべきじゃないと思って、マイウェンにそう伝えたの。理由を何千も挙げたわ。「もっとかわいい女の子がいい、脚がもっと細い子のほうがいい」とか。そしたら彼女はぐうの音も出ない言葉を返してきたの。「私の決断を疑うのはやめて。あなたは今、まるで自分が監督であるかのように私に話してる。これは私の映画で、私のビジョンなの」って。それで落ち着いたわ。彼女とは映画『パリ警視庁:未成年保護特別部隊』ですでに一緒に仕事をしてたから、彼女が俳優をどれだけ愛してるか知っていたの。マイウェンは決して私任せにしたり見捨てたりせず、サポートしてくれるって分かってた。

(2017/03/28)
 
エマニュエル・ベルコ
Emmanuelle Bercot

1967年11月6日生まれ、フランスのパリ出身。ダンスを経て原激学校で演技を、それからFEMIS(フランス国立映像音響芸術学院)で演出を学ぶ。卒業制作の作品で注目を浴び、『ニコラ』(98年)、『今日から始まる』(99年)などに出演。01年、自ら監督・主演した劇場用長編第1作『なぜ彼女は愛しすぎたのか』で、13歳の少年と30歳の女性の恋愛を描いてカンヌ映画祭のある視点部門に招待され、衝撃を巻き起こす。続く『Backstage』(05年)では、人気歌手と彼女を神聖視するファンの少女との関係を描き、テサロニキ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞。13年にはカトリーヌ・ドヌーヴをヒロインに迎えて『ミス・ブルターニュの恋』を撮り話題に。そして『太陽のめざめ』(15年)で15年のカンヌ映画祭のオープニングを女性監督として史上2度目、28年ぶりに飾るという快挙を成し遂げ、本作でカンヌ映画祭の女優賞を、『キャロル』のルーニー・マーラとともに受賞という栄誉を受けた。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。