最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』マシュー・マコノヒー インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 2月23日(木)

『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』マシュー・マコノヒー インタビュー
現代にも通じる、革命を起こした男について描いた物語

『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』
2017年2月4日より全国順次公開中
(C)2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

今から約150年前のアメリカに実在したヒーロー、ニュートン・ナイト。南北戦争が激化するなか、白人と黒人を率いて南軍に立ち向かった男だ

真の自由を求め、貧しい白人の脱走兵と農民たち、逃亡した黒人奴隷約500人で結成された反乱軍を率い、100万人に向かっていった男の姿を描いた映画『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』で主人公を演じているのはオスカー俳優のマシュー・マコノヒー。現在公開中の本作についてマコノヒーに語ってもらった。


──脚本を読んだ感想をお聞かせ下さい。

『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』撮影中の様子

マコノヒー:ストーリーそのものに意志があって生きているように感じたんだ。南北戦争が題材かどうかは関係なく、革命を起こした男について描いたすばらしい物語だったんだ。現代にも通じる話だから、映画化すべきだと思った

──ニュートン・ナイトについては資料も少なく、唯一ハリウッドで映画化された作品では誤った解釈で描かれていたそうですね。そんな彼の実像に迫った本作は、リサーチに10年もの年月をかけたプロジェクトで、あなたはゲイリー・ロス監督のリサーチ旅行にも参加したそうですね。

マコノヒー:ゲイリー(・ロス監督)と僕はニュートンの故郷と墓を訪ねたんだ。俳優として、実在した人物を演じるというのはときにその重圧を感じることがある。今回の場合は、物語が、僕だけでなく他の誰にも扱いきれないほどにすごすぎて、逆に心が軽くなったんだ。ニュートンについて学べば学ぶほど、彼が強さと併せ持つ明晰さや思いやり、その3つが調和してできた彼の屈強な優しさに僕はインスピレーションを受けて、よりやる気に満ちあふれるようになった

(2017/02/23)
 
マシュー・マコノヒー
Matthew McConaughey

1969年11月4日生まれ。アメリカ、テキサス州出身。俳優だけではなく、プロデューサー、監督としても活躍。『評決のとき』(96年)で大きく注目され、『アミスタッド』(97年)などに出演。『マジック・マイク』(12年)で高い評価を得て、『ダラス・バイヤーズクラブ』(13年)で実在したHIV患者を演じ、アカデミー賞主演男優賞を獲得。その他、『リンカーン弁護士』(11年)、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13年)、『インターステラー』(14年)、『追憶の森』(15年)などに出演。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。