最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『ドクター・ストレンジ』マッツ・ミケルセン インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 1月27日(金)

『ドクター・ストレンジ』マッツ・ミケルセン インタビュー
もし10万人を殺して世界が良くなるとしたら、あなたはどうする?

『ドクター・ストレンジ』
2017年1月27日より全国公開
(C)2016MARVEL

なんと率直で真摯な人だろう。人の話を聞く時も話す時も相手をまっすぐ見つめながら集中し、会話を弾ませる。

マーベル・スタジオの新作『ドクター・ストレンジ』でマッツ・ミケルセンは、ベネディクト・カンバーバッチ扮する天才外科医、ドクター・ストレンジの前に立ちはだかる闇の魔術師、カエシリウスを演じている。かつての師に背き、世界を破滅に導こうとするキャラクターの哲学に理解を示す一方で、「生きているのは楽しい」と屈託なくポジティブに言い切る。

40代半ばを過ぎてからテレビシリーズ『ハンニバル』に主演、そして昨年は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にも出演。51歳にして、ますますハリウッドでの存在感が増している。映画の公開初日に合わせて、約1年半ぶりに来日したミケルセンに話を聞いた。


──カエシリウスを演じたいと思った理由を聞かせてください。

マッツ・ミケルセン

ミケルセン:マーベルの映画だし、フライング・カンフーだから(笑)。僕はコミックとカンフー映画、その両方を見ながら育ったんだ。ブルース・リーは僕にとって最もアイコニックなヒーローだし、マーベルのコミックは少年時代の本当に大きな部分を占めていた。いつも読み続けていたんだ。それが50歳にして、マーベルの世界に加われるわけだから。それにちょっとだけブルース・リーの要素もあるしね。ファンタスティックな機会だった。
 もちろん、それだけではなく、カエシリウスはとても興味深いキャラクターだと思った。悪役だけど、彼の目指すものは……(少し考えてから)、僕は彼の目指すゴールが気に入った。すべての人が永遠の命を得て、飢えや苦しみ、痛みのない世界。より良い世界を作りたいと彼は考えた。そのために選ぶ方法には疑問はあるけど、でも彼が望んだものは馬鹿げたことでは全然ないと思う。完ぺきな世界を作るためには何人殺せばいいのか? 世界では1日10万人が死んでいるというけれど、もし10万人を殺して世界が良くなるとしたら、あなたはどうする? そういう大きなジレンマを体現するキャラクターなんだ。興味深いよ。

マッツ・ミケルセン

──カエシリウスは、マーベル作品のヴィランの中ではあまり有名ではありませんが、そのぶん自由に役作りができたのでは?

ミケルセン:そうだね。原作にもそんなにたくさん出番はないキャラクターだ。モルド(キウェテル・イジョフォー)や他のキャラクターの方が良く知られている。確かに、今回はかなり自由があった。僕自身、原作のある作品をやる時にオリジナルから離れたものになることを恐れない。オリジナルに忠実かどうかは、誤解を恐れずに言えば、僕にとっては重要なことではない。ティルダ・スウィントンが演じたエンシェント・ワンだって、原作では年老いたアジアの男性だからね。良いストーリーさえあれば、変化は歓迎だ。今回は誰からも「違う違う、カエシリウスはこうじゃないと」なんて言われることはなく、脚本と監督の指示をもとに演じた。
 気づいたのは、少年時代に読んだ時はカエシリウスについてわかっていなかったこと。この歳になって、複雑なその哲学を理解できた。でも当時からカエシリウスというキャラクターは好きだった。原作の色彩も好きだったし、何よりも絵画のような壮大さが好きだった。それをスコット・デリクソン監督は見事に映画化したと思う。撮影中は、何もないグリーン・スクリーンの前で演じているわけだから、うまくいくように祈るしかなかったけど(笑)。

(2017/01/27)
 
マッツ・ミケルセン
Mads Mikkelsen

1965年11月22日生まれ、デンマーク・コペンハーゲン出身。体操、バレエダンサーを経て、演劇を学び俳優の道に進む。1997年、ニコラス・ウィンディング・レフン監督『プッシャー』で映画デビュー。レフン監督とはその後、『ブリーダー』(99年/未公開)『プッシャー2』(04年/未公開)『ヴァルハラ・ライジング』(09年)でも組む。スサンネ・ビア監督の『しあわせな孤独』(02年)、『アフター・ウェディング』(06年)を経て、『007/カジノ・ロワイヤル』(06年)のル・シッフル役で人気を博す。『キング・アーサー』でハリウッドに進出して国際的に活躍、トマス・ヴィンターベア監督の『偽りなき者』(12年)でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。2013年からテレビシリーズ『ハンニバル』で主人公ハンニバル・レクターを演じ、さらにファン層を広げ、2016年には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にも出演。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。