最新ニュース

スポーツニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

経済

高速で自動走行、スバル標準装備へ 120キロまで対応

朝日新聞デジタル - 6月19日(月) 16時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 スバルは19日、高速道路で一定の車間を保ちながら前車に追従できる自動走行機能を、今夏発売の新型ワゴン「レヴォーグ」とスポーツセダン「WRX S4」に標準装備すると発表した。従来は時速60キロ以上で使えたが、新型は時速120キロまでの全車速域で追従可能で、渋滞でのノロノロ運転にも対応できる。
 二つの車載カメラで立体的に前方の状況を捉え、渋滞時やカーブを曲がる際、スムーズに前車を追いかけられるようにした。一定の車間を保ちながら、ハンドルに手を添えていれば車線も維持しながら走れる。ハンドルには常に手を添えておく必要があり、離すと10秒ほどで警報が出る。
 今後、日本で売るスバルの全車種で標準装備とする計画。「レヴォーグ」や「WRX S4」の現行モデルに比べ、価格の上乗せ分は数万円程度にとどまる見通しだ。スバルの大抜哲雄常務執行役員は「ふつうの人が高速道路のほとんどの場面で使えるようにしたい、と考えて開発した」と話している。スバルは、人の安全運転を助ける技術と位置づけ、無人運転は目指さない方針だ。
 同様の自動走行機能は、日産自動車がミニバン「セレナ」などで採用している。(青山直篤)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2017 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.